国際交流プログラム

認定海外留学制度

認定海外留学とは、本学の学部学生が、希望する留学先大学(学位授与権を有する正規の4年制高等教育機関)から入学許可を得て本学に申請をし、学部の許可を得て留学する制度です。留学期間中の学籍は「留学」となり、留学期間(1年間)は修業年限に含まれます。また、留学先大学で修得した単位は帰国後の学部審議を経て本学の単位として認定します。

  • 各国別留学情報
  • 海外留学の手引き