国際交流プログラム

ESOP(交換留学生受入れプログラム)

交換留学生受入れプログラム開講にあたって

法政大学交換留学生受入れプログラム(ESOP)は、本学の海外協定大学からの交換留学生および短期私費留学生を広く受け入れるために1997年より開設された講座です。ESOPでは、日本の文化や社会、政治、経済などのテーマを中心とした科目を交換留学生向けに英語のゼミ形式で学びます。

これらの英語で行われる科目については、交換留学生だけでなく本学学生も受講できます。交換留学生向けのゼミ形式授業であることから、一定の英語レベルや授業への積極的な参加が求められ、課せられる課題も多くあります。ESOPに積極的に参加することによって英語力を向上できるだけでなく、授業内で海外からの留学生との交流を深めることができます。日本国内にいながら本学で交換留学生と共に学ぶことでグローバルな視点を身に付けられることでしょう。

ぜひこの機会に、より多くの学生の皆さんがESOPに参加し、学習を通じて国際交流の輪を広げられるよう期待しています。

006-01

ESOP(for students from overseas)
(海外から法政大学への交換/短期留学を希望する方へ)

ESOP was established in 1997 in order to provide meaningful academic opportunities to exchange students, from our overseas partner institutions as well as individual applicants, who wish to experience the reality of modern Japan.