Go Global Hosei 2017
2/24

01課題解決先進国日本からサステイナブル社会を構想するグローバル大学を目指して!法政大学は、2012年度に文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」に採択され、グローバルな状況を適確に把握し、世界のどこでも能力を発揮できる人材の育成に取り組んできました。2017年3月末をもって、同補助事業は総じて所期の目標を達成できたと考えています。2014年9月には、「スーパーグローバル大学創成支援」にも採択されました。本学の構想は「課題解決先進国日本からサステイナブル社会を構想するグローバル大学の創成」です。2017年には取り組み4年目に入り、2023年に最終年度を迎えます。構想どおりに実行するには、解決すべき課題はあるものの、順調に事業が進捗しています。この2つの文部科学省による補助事業を通じ、本学のグローバル化は飛躍的に推進されました。グローバリゼーションの波の中を、本学の在学生・卒業生がのびのびと生きていかれるよう、そして本学の教職員がその職能と研究力を伸ばしていかれるよう、法政大学ならではの取り組みを一歩一歩、着実に進めていきます。経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援経済社会の発展に資することを目的に、グローバルな舞台に積極的に挑戦し世界に飛躍できる人材の育成を図るため、学生のグローバル対応力を強化し推進する組織的な教育体制整備の支援を行う文部科学省の事業。全国の国公私立大学から、本学を含め42校が採択されています。なお、本事業は「グローバル人材育成推進事業」が組み替えられたものです。スーパーグローバル大学創成支援我が国の高等教育の国際競争力の向上及びグローバル人材の育成を図るため、世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するためのシステムの改革や、学生のグローバル対応力育成のための体制強化など、国際化を徹底して進める大学を重点支援する文部科学省の事業。全国の国公私立大学から、本学を含め37校が採択されています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です