Go Global Hosei 2017
12/24

11海外協定大学の学生を対象に、夏と冬に約2週間の日本語と日本文化を学ぶプログラムを実施しています。日本語だけではなく、日本文化・社会等を学ぶため、浴衣を着ての日本橋散策、国内外で店舗を展開する飲食店グループでの調理体験、富士山麓へのフィールドトリップ等を行います。このプログラムには、約100名の法政大学の学生がボランティアとして参加し、留学生とバディを組み、授業や課外活動のサポートや、空港への出迎えや生活面のサポートなどを行います。授業やさまざまなイベントを通じて交流を図るだけでなく、お互いの文化を比較する中で自国の文化を見つめなおし、異文化を理解する力を養います。さまざまな国と地域からの留学生が出場し、留学生活で感じたことなど自由なテーマでスピーチをします。国際交流サークルHi-C Orangeの日本人学生が留学生をサポートし、協力してスピーチを練り上げています。多摩キャンパスで学ぶ留学生と日本人学生を中心に、外国人研究者や国際交流活動に携わる教職員も参加し、出身国・地域を問わず交流を深めるイベントです。各国の留学生による歌やダンス、母国の文化についての発表などさまざまな企画を実施しています。法政大学ベトナム事務所の開所を記念し、ベトナム国家大学ハノイ外国語大学との共催により、日本語スピーチコンテストを開催。ベトナム全国から数多くの応募があり、ベトナムの高校生と大学生が、「将来の社会と私」をテーマにスピーチを行いました。日本語スピーチコンテスト(国際交流サークル Hi-C Orange主催)法政大学ベトナム事務所開所記念法政大学日本語スピーチコンテスト短期日本語・文化プログラム多摩国際交流フェア日本語教育の充実や就職支援、日本人学生とのさまざまな交流を通し、外国人留学生の支援体制をさらに強化します。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です