国際交流プログラム

2018年度日本・カナダ学生フォーラム募集要項

Japan-Canada Relations in an Era of Global Change

日加戦略的留学生交流促進プログラムの一環として、日本とカナダの加盟大学合わせて20大学からなる日加コンソーシアム(以下、JACAC)の学生フォーラムを、例年通り開催します。今年度は「Japan-Canada Relations in an Era of Global Change」をテーマに、クイーンズ大学(カナダ:キングストン)を会場として開催します。

Theme: Japan-Canada Relations in an Era of Global Change

In this current era of global interconnectedness, change at local, national, regional, and international levels is occurring at a rapid pace. While change can be ‘negative’ (e.g., climate change), it can also be ‘positive’ (e.g., medical advances). Japan and Canada are integral actors in efforts to promote positive global change. The 2019 JACAC conference will offer reflections on how these two G-7 partners, celebrating 90 years of diplomatic relations, are contributing to positive global change on transnational issue-areas and policy-relevant governance challenges. The conference will feature presentations from the humanities, social sciences, and natural sciences that approach global change from innovative perspectives.

This year, to celebrate the 10th Anniversary of the JACAC Student Forum and the 90th Anniversary of the Japan-Canada Diplomatic Relations, this conference follows the format of a simulation. Participants will portray the roles of political leaders and policymakers in Japan and Canada, and will be encouraged to come up with effective policy suggestions that foster a stronger relationship between the two countries.

The conference themes will include:

1) What role can Japan and Canada play in promoting global peace and security through multilateral forums? Each country enjoys a special relationship with the United States. How can Japan and Canada leverage this relationship in order to promote peace and security in the Asia-Pacific region?

2) Roughly half the world’s population resides in the Asia-Pacific region – which is also home to the largest and most dynamic economies in the world. Regional support for global governance efforts to address climate change and reduce greenhouse gas emissions has been mixed. Furthermore, parts of the region are witnessing a return of trade protectionism, which might drag the wider region (and beyond) into a series of ‘trade wars’. How can economic growth be balanced with environmental protection? What are the problems associated with the rise of trade protectionism and so-called trade wars? What role can Japan and Canada perform in devising and implementing solutions for these issue-areas?

3) How do technological innovations improve societal well-being? What technologies are the most promising in terms of providing medical advances? What are the best ways of supporting the development of societal, medical, and health-related technologies? How might Japan and Canada disseminate domestic ‘lessons learned’ and ‘best practices’ to global audiences?

Description

With mixed-teams involving students from both Canadian and Japanese universities, the forum consists of the following:

  • Expert lectures & discussions (Keynote lecture: TBD)
  • Group work based on the conference themes as part of a simulation module, wherein student groups assume the role of various G-7 member-states
  • Pre-assignment to prepare for group work related to the simulation
  • Final presentations at Embassy of Japan in Ottawa
  • Final individual report

 本フォーラムは,以下のスポンサーの協力を得て開催されます。

  • アルバータ大学高円宮記念基金
  • 日加戦略的留学生交流促進プログラム 日本コンソーシアム
  • 独立行政法人国際交流基金
  • 独立行政法人日本学生支援機構

フォーラムの実施場所

クイーンズ大学(カナダ:キングストン)
在カナダ日本国大使館(カナダ:オタワ)

フォーラム参加学生募集人数

法政大学から1名
(プログラム全体:日本側、カナダ側 各14名)

 実施日程(予定)

日 程 イベント
2019年216 羽田空港集合 ~ キングストン到着
2月17 オリエンテーション、レセプション
2月18日 講義、フィールドトリップ
2月19日 講義、グループワーク
2月20日 講義、グループワーク
2月21日 グループワーク、オタワに移動
2月22日 最終プレゼンテーション、修了式、レセプション
2月23日 フィールドトリップ
2月24日 オタワ出発(225日 羽田着)

 応募条件

次の条件をすべて満たす、日加戦略的留学生交流促進プログラム加盟大学の学部生および大学院生。

  • 日常的なコミュニケーションのみならず、英語による資料作成、議論、プレゼンテーションのスキルを有する者。
  • 前年度の成績を以下の計算式に当てはめ、成績評価係数が2.0以上の学生を優先する。(JASSO成績評価係数)

(A+の単位数×3)+(Aの単位数×3)+(Bの単位数×2)+(Cの単位数×1)+(DまたはEの単位数×0)
総 登 録 単 位 数

  • 今年度フォーラムテーマ「Japan-Canada Relations in an Era of Global Change」に強い関心を持ち、充分に情報収集、研究を行ったうえでフォーラムに臨む意欲のある者。

  • 事前/事後学習を含む、全行程を通じて参加し、計画された旅程に沿って行動できる者。
    参加内定後の参加辞退は認められませんので、プログラムの条件や詳細を良く確認の上、応募してください。万が一、参加内定後に辞退する場合は、理由にかかわらずキャンセルにかかるすべての費用は辞退学生の個人負担となることをご了承ください。

評価方法と基準

事前課題10% 出席・参加20% グループプロジェクト50% 最終レポート20

 参加費

8万円(日本側参加学生の国際航空券代の一部に充当)
※ 201812月、参加確定後にお支払いいただく予定です。
※ なお、本プログラムは日本学生支援機構の海外留学支援制度に採択をされているため、日本側参加学生に8万円の奨学金が支給されます。奨学金の支給はプログラム期間中に指定口座への振り込みとなりますので、参加費との相殺にはなりません。

 助成

参加者に対して、以下の通り助成を行う。

  • プログラム期間中の宿泊費(キングストン・オタワ)
  • 在籍大学からの最寄り空港~トロント国際空港、およびトロント~キングストンまでの交通費(往路)
  • キングストン~オタワ、およびオタワ国際空港~在籍大学最寄り空港までの交通費(復路)

助成対象外となるもの(参加者自己負担)

  • 自宅最寄り駅から最寄り空港までの往復交通費
  • カナダ国内の交通費。ホテル~現地大学間、プログラム内で発生する公共交通機関の交通費も対象外(※フィールドトリップ等において、一部公共交通機関利用や入館料等の費用が個人負担になる場合があります。)。
  • 食費
  • 宿泊先で宿泊費以外に発生するインシデンタルチャージ(電話代、ランドリー代、ホテルに損害を与えた場合の損害賠償金等)
  • ETA申請費用(7カナダドル)または各種VISA申請費用(該当者のみ)
  • 海外旅行傷害保険加入代
  • パスポート取得費用(未取得者のみ)

提出書類

参加申込書(※こちらよりダウンロードしてください。)
提出場所 グローバル教育センター国際交流課(市ヶ谷、多摩)
     小金井学生生活課国際交流支援室
提出期限 2018年 11月 6日(火)17時まで

選考方法

【学内選考】
申込者が複数いる場合は市ヶ谷キャンパスにて面接選考を行い、提出書類と併せて審査のうえ推薦者を決定します。詳細は応募者に後日お知らせします。
【コンソーシアム選考】
法政大学から送付された推薦順位を基に、日加議長校の協議の上決定。

決定時期

2018年12月中旬(予定)

昨年度フォーラムの様子

・昨年度フォーラム実施記事はこちら
・昨年度フォーラム参加者の実施報告記事はこちら
※フォーラム参加者にはプログラム終了後に実施報告書を法政大学にご提出いただきます。

問い合わせ先

法政大学グローバル教育センター事務部国際交流課
電話:03-3264-9662
e-mail:haken@ml.hosei.ac.jp(問い合わせの際は@を半角にしてください)