国際交流プログラム

石見 陽佳(2018年度参加)

平成30年度日本・カナダ学生フォーラムに参加して

今回10周年を迎えるJACAC(Japan Canada Academic Consortium Student Forum) に参加し、いかに学ぶ機会が大切かを学びました。ここでは、プログラムの参加前、参加期間中、参加後に分け、情報を共有したいと考えています。

参考文献が重要なポイントとなった事前課題

 事前課題として、参加フォーラムのテーマに関する自己の見解を述べるレポートの提出があります。今回、私が参加したフォーラムは、課題レポートの内容を「日本とカナダがアジア太平洋地域の安全と平和を促進するにはどのような役割を果たすことができるのか。また、一方的なアプローチとG7のような多国間フォーラムのどちらのアプローチがより効果的かについて800字程度述べよ。または、どのように日本とカナダの政治リーダーが両国間関係をより強めるか。また、両国の外交をより肯定的な結果に結ぶ付ける際の問題点について800字程度で述べよ。」と定めていました。専攻科目外のレポート内容で戸惑う方もいらっしゃると思いますが、事前にフォーラムから課題文献が与えられます。かなり多くの文献が渡されますが、渡された文献は事前レポート作成に役立つだけではなく、渡された文献に関する講義が参加期間中にあるので、一通り目を通すことを勧めます。また、事前のグループワークの進行具合はグループによってさまざまです。具体的な話へ進展するグループがある一方で、自己紹介で終わり、現地で話を進めるグループもあります。しかし、行く前に仮にグループワークがあまり進んでいなかったとしても、ある程度まで情報を集めておくと良いです。情報が手元にあると、グループワークが進めやすくなります。また、グループワークに限ったことではないのですが、フォーラムに関する最近のニュースなどを読み、知識をつけておくと、グループに貢献できるだけではなく、フォーラムの講義内容を理解しやすくなります。

貴重な経験にあふれた1週間

 午前中に講義を終え、午後は各自グループワークの時間が与えられます。特に、講義に関して、参加人数が大人数ではないため、講義にいらっしゃる教授または総領事の方々に直接自身の疑問を尋ね、さらなる知識を得ることが可能です。私自身も、トロントにおける日本総領事の方に質問させていただき、自己の視野を広げることができました。また、グループワークに関しては期間も限られており、非常にまとめるのは難しいですが、最終日ではどのグループも完成度の高い発表をするので、グループ内で話し合いを十分に行うと良いです。発表日当日は、各大学の審査員が前列に座っていたため、練習時間では個々が会場内を歩き回り、自己の原稿を暗記するなどして、会場全体が緊張感で包まれていました。しかし、他国の学生との意見交換、両国の教授との質疑応答は大変貴重な機会ですので、計画性をもってグループワークを行い、当日は是非その場の雰囲気を楽しんでください。さらにプログラムのその他の内容に関してですが、キャンパスツアーや大学院についての説明もプログラムにあるため、将来の選択肢を広げることができます。また、現地の由緒あるCity Hallや博物館を訪れ、現地の歴史に触れることもできます。さらに、今年はJACAC10周年を迎えたこともあり、カナダにある日本領事館へ訪問するという貴重な経験をすることができました。
 事後課題は「1.フォーラムへの参加が自己の見解いや勉強へのモチベーションをどのように変えたのか。2.カナダはどうだったか。3.プログラムで最も感銘を受けたこと。4.フォーラムがいかに将来のキャリアに影響を与えたか。5.その他のコメント」について500字のレポートを帰国後に提出します。さらに、プログラムに関するアンケートの提出があります。

今見えている世界がすべてではない、能動的に行動することの重要性を実感

 参加当時が4年生であったこともあり、このような貴重な経験をいただける学生生活というのはとても恵まれた環境であることを痛感しました。社会人になった後はこのような機会を見つけること自体が難しくなります。そのため、この活動報告書を読んでいる方々には、ぜひ、学生生活のうちに、まずは、世界に一歩踏み出し、自身の見聞を広めていただきたいと感じています。学生のプログラムの良い点は、国境を越え、同年代の方々に会うことで、自己の学習意欲が刺激されるという点です。特に、今回参加した学生は生まれた場所・学校・学部が異なっていたために、意見を交換すればするほど、自己の視野が広がりました。さらに、今回各方面の専門家の方と直にお話させていただいたことで、受動的ではなく能動的に世界情勢の情報を日々集めることがいかに重要であるかということを学びました。今回このフォーラムに参加し、「自身の世界から抜け出し、新たな視点で物事を見ることへの楽しさ」を学ぶことができ、本当に良かったです。私が見ている世界がすべてではないことを忘れずに、これからも人生を通じて学び続けたいと思います。