国際交流プログラム

2018年度「国際学会等参加補助企画」希望者の募集(文部科学省支援プログラム)

文部科学省では海外の大学院への進学の促進を図るため、海外で開催される国際学会へ参加し、将来の指導教員とディスカッションを行う学生に対し補助を行う「国際学会等参加補助企画」への希望者を募集することとなりました。この制度は海外の大学院への進学を希望する学生が、海外で開催される国際学会に参加し、将来の指導教員とディスカッションを行うこと大学院受入れの内諾を得ることを目的としている制度です。

募集要項等

以下からダウンロードしてください。
「募集要項」
「(別添)指定都市・甲地域・乙地域・丙地域における国及び都市一覧」

応募資格

  1. 日本の国籍を持つ者
  2. 日本の大学に在籍する学部学生及び大学院生(修士課程)で、海外の大学院への進学を希望する者
  3. 自身の研究分野に関する国際学会に参加し、指導を希望する教員に対しアプローチすることができる者
    (希望する教員に対して、事前にコンタクトを取っていることが望ましい)
  4. 国際学会の参加後にレポートを作成し、指定された期日までに提出することができる者
  5. 進路についてのフォローアップ調査に協力できる者
  6. 進学先が確定した際に文部科学省に対して、報告できる者

語学能力

応募時点で、以下の検定試験のいずれかで所定のスコアを取得していること。
TOEFL iBT(72以上)、IELTS(5.5以上)、TOEIC(680以上)
※ただし、2年以内に受験したものに限る。

対象期間

2019年1月から2019年3月31日までの間に海外で開催される国際学会へ参加すること。ただし、2019年3月31日までに必ず帰国していること。

対象となる国際学会の条件

対象となる国際学会は、海外で開催されるものであり、且つ、特定の主題について、研究者が講演、研究発表、討論等を行うことを目的とするものであること。

支援内容

上限額を30万円として、航空券代及び宿泊費を支援する。
※詳細は、募集要項を確認してください。

選考基準

申請のあった者について、提出書類を元に選考委員会の審査によって採用者を決定する。

  1. 申請のあった者のうち学部学生と大学院生については、学部学生を優先し、採用する。
  2. 理系分野を優先し、採用する。
  3. 提出書類をもとに、語学能力、及び海外大学院進学の実現性や将来性等を総合的に評価する。

募集人員

10名程度

提出書類及び提出方法

1.提出書類
・研究計画書
・学会参加・キャリアパス計画書
・参加希望学会の概要資料
・各語学試験のスコア(TOEFL、IELTS、TOEIC)
※「研究計画書」、「学会参加・キャリアパス計画書」については、様式を以下からダウンロードしてください。
「研究計画書」
「学会参加・キャリアパス計画書」
※アップロードする各書類については、ファイル名に「氏名」、「在籍大学名」を入れてください。
2.提出方法
以下のボタンから専用フォームを開き、必要事項を入力の上、提出してください
3.提出期限
2018年12月5日(水)17時

結果通知

2018年12月中旬を目処に、申請書に記載のあるメールアドレスへ採否の通知を行います。

注意事項

  1. 国際学会への参加の定義としては、実際に学会の中での発表することが望ましい。
  2. 参加後に提出するレポートについては、当該事業の成果物としてウェブサイト等で公表する予定ですので、あらかじめ御了承ください。
  3. 採用者においては、進学の状況等についてのフォローアップ調査を実施するので、必ず協力してください。
  4. 採用者においては、進学先を必ず報告してください。

専用申込みフォーム

こちらをクリックしてください。

本企画募集公式ページ

文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」ホームページ内
大学生のための海外大学院進学お役立ちガイド