国際交流プログラム

医療や事故について

学内の医療

診療所

詳しくは以下のページをご覧ください。

診療内容は主として内科ですが、健康相談に重点をおいていますので、気軽に利用してください。
市ケ谷と多摩の診療所で受診する際には学生証と国民健康保険証を持参してください。診療時間はこちらを参照してください。

健康診断

大学では毎年4月上旬に健康診断を実施していますので、毎年必ず受診してください。

※健康診断を受けていない人は、奨学金の申請や、体育授業、就職などで必要な「健康診断証明書」が発行されません。民間の医療機関の健康診断には高額の費用がかかります。

保険制度

国民健康保険制度

在留資格が「留学」の外国人はすべて国民健康保険に加入することになっています。

*1所定の手続きを行って、「国民健康保険被保険者証」(以下、「保険証」という)の交付を受けてください。加入の手続きは外国人登録をしている区・市役所の保険窓口で行います。家族同伴の場合、必ず全員加入してください。その際、外国人登録証明書の提示と保険料が必要です。なお、所得が一定額未満であると国保担当課で認められた人には、保険料の減額制度がありますので、詳しくは国保担当課の窓口で相談してください。前年度の生活状況等の申告をし、審査後、許可されれば減額されます。
なお、日本国内の医療機関で治療を受ける際には、必ず「保険証」を持参してください。医療機関の窓口で「保険証」を提示すると、医療費総額の30%の自己負担で診療が受けられます。また,入院などで医療費が高額になった場合は、補助を受けられる場合があります。自分の住んでいる区・市役所の保険窓口に問い合わせてください。

*1:家族などが日本の公務員もしくは会社員等であり、その被扶養者として共済組合や健康保険に加入している場合は、新たに国民健康保険に加入する必要はありません。

保険の加入について

長い大学生活を送る中では、思わぬ事故や時には火災などに遭遇することが考えられます。大学の授業中や大学の施設内で発生した事故の場合には、大学で加入している学生教育研究災害傷害保険(これについては後述)の適用を受けることができますが、アルバイト中の事故や学外で起こったトラブルの場合には、留学生活を経済的に支援してくれる制度は何もありません。その上、ケガの治療の間は心身ともに不安定になっているため、アルバイトも通常のようには出来なくなります。また、住んでいるアパート・下宿や寮で火災に遭ったり、水漏れで部屋を汚してしまったりといった、予想外の事故に遭うことが考えられます。この場合、保険に加入していないと、法律的・経済的な問題をすべて自分の責任で解決しなければなりません。そこでおすすめするのが「法政大学外国人留学生のための学生保険」です。皆さんがこの保険に加入しやすいように、大学では保険料の補助を行いますので、以下の説明をよく読み、保険に加入するようにしてください。

大学による保険料補助について

法政大学外国人留学生のための学生保険(大学が推薦する保険)

学外で起こったトラブルや事故などへの備えとして、大学では、安価な保険料で万一の場合に最低限必要な補償が得られる「法政大学外国人留学生のための学生保険」を用意しました。
大学で保険料を補助しますので、皆さんが実際に負担する保険料は1年間で2,000円です。
保険というと自分とは関係ないと思いがちですが、安心して充実した留学生活を送れるように、学生保険に加入することをおすすめします。

  1. 補助の対象者
    本学に正規に在籍する外国人留学生で、国民健康保険に加入している者。
  2. 補償の内容

    ※補償内容の詳細については、保険の案内パンフレットで確認してください。

  3. 事故等の具体例(ケガのみ補償) 保障の種類 保障金額
    自転車に乗っていて激しく転倒し大ケガを負って20日間入院、その後も10日間通院した。 入院保険金日額 1,200円
    通院保険金日額 1,000円
    偶然の事故が原因で死亡・後遺障害が残った 死亡・後遺障害 25万円
    長期の入院等で本国から家族が駆けつける 救援者費用 100万円(限度)
    ショッピング中にお店の商品を壊した。  個人賠償責任 1,000万円(限度)
    スキーをしていて他人にぶつかりケガをさせた。 
    階下の住人宅を水浸しにした。
    失火により、借家に損害を与えてしまった。 借家人賠償 100万円(限度)
    火災・盗難で所持品に損害を受けた。 生活用動産 30万円(限度)
  4. 留学生の負担する保険料と大学の補助(1年間 2,000円で保険加入できます。)
  5. 保険料 1年 6,000円
    留学生負担 2,000円
    大学の補助 4,000円
  6. 申込み方法
    「保険加入申込票」に必要事項を記入の上、振込用紙を使って保険料2,000円を振込んでください。手続きなど詳しいことはパンフレットで確認してください。
  7. 加入者証の発行
    加入手続き者に対し「加入者証」を発行します。時期などについては後日掲示で連絡します。

大学が推薦する保険以外の保険に加入している場合

保険料補助の対象になる保険は、原則として上記「法政大学外国人留学生のための学生保険」としますが、すでに他の保険に加入している場合は、申請により補助金を支給します。

  1. 対象
    本学に正規に在籍する外国人留学生で国民健康保険に加入している者。
  2. 補助の範囲
    保険料の2/3の金額で、1年間につき4,930円を上限とする。
  3. 申請方法
    申請書(所定用紙。グローバル教育センター備付)に、保険料を振り込んだ振込用紙(領収印の押してあるもの)または領収書のコピーを貼付して、グローバル教育センターへ提出してください。大学より補助金を振り込みます。

※除籍や退学で大学に籍がなくなり保険が解約される際、保険料の残りが留学生に戻される場合は、残りの保険期間に応じた補助金額を大学に返還していただきます。

学生教育研究災害傷害保険

本学では、みなさんの教育研究活動中の事故に備えて、第一部・第二部生および大学院生を対象として上記保険に加入しています。
保険の対象範囲は、正課授業、大学行事、課外活動中、大学施設内等での傷害事故(「病気」は対象外)です。保険内容の概略、取扱部局については以下のページを参照してください。

※事故が発生した日から30日以内に取扱部局に申し出てください。
※本保険の対象とならない軽微(短期間)な傷害事故については、大学から医療補償金を支払いますので、取扱部局に申し出てください。