国際交流プログラム

ポリシー

方針(ほうしん)

法政大学は、「自由と進歩」の建学の精神のもと、大学で日本語や日本文化を学びたいという意欲を持った留学生を積極的に支援するために、日本語教育プログラムを設けます。本プログラムは日本での生活、大学での勉学、交流、そして将来の仕事に活かすことのできる日本語力を養成することを教育目標とします。

カリキュラム・ポリシー

本プログラムでは、受講生の日本語レベルに合わせて、大学生活に必要な基礎的な日本語力の習得から、日本語を用いて働くための日本語力まで、少人数で多様な授業を提供します。そこでは、受講生が、それぞれの学習や生活の中で日本語を学ぶ意味を考え、自らに必要な日本語を主体的に学ぶことができる学習機会を提供します。

アドミッション・ポリシー

本プログラムの方針およびカリキュラム・ポリシーを理解し、積極的に日本語力の向上を目指す学生を受け入れます。また、日本語の学習に加え、日本文化の理解に熱意のある学生を求めています。

修了認定(しゅうりょうにんてい)についてのポリシー

自らが設定した目標や目的に応じた日本語力を身につけた人材の育成を目指します。また、本プログラムで学ぶ留学生、大学の学部生との交流の機会を提供することを通じて、多様な視点をそなえた自立したグローバル人材を輩出します。